スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手、ありがとうございます。 皆さんからのまおへの幸せ連鎖に感謝です(*^▽^*) 温かい拍手コメ、楽しいコメント大歓迎です。 気軽に皆さんの声をまおに届けてください(*´∇`)ノ 常識のない拍手コメ、コメントについてはお返事出来ませんのでご了承下さい。 拍手コメ、コメントでお名前を内緒にしたい方はお伝え下さい。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

南の島にキミの歌声が響く


またしても下書き状態で放置してた( ̄▽ ̄;)

せっかくやからアップしときま~す(笑)




去年に引き続き嬉しいことにECO特番に起用していただけたことに感謝です。
肩肘張らず素直な目線でECOを伝えてくれた去年のお仕事が認められたのかなぁって。

趣味がキチンとお仕事の幅を広げてきた章ちゃん。
砂漠にいてもヤスダクオリティなお洋服が愛しく、ラクダさんと話をする姿にはほっこり(´▽`)
海の中でダイバーさんのアシストなく漂う章ちゃんは生き生きとしていて自分よりも大きいマンボウとの遭遇を心底喜ぶ姿は飾らない素の章ちゃん。
いつか船の操縦もしてたりして(笑)


そして…
どこにいてもぶれないヒト…ムラカミシンゴ(笑)
リアルメールで【しんごえーご】という単語がどんだけ出てきたか(爆)
最終的には【おおきに~】言いそうやったし。
関西弁は世界共通やでって師匠と言いそうやもん(≧曲≦)ノ

残念なんはヒゲかなぁ~
折角の全国番組やからエイトを知らない方も見はると思うのでソコはなぁ。


そして大本命ですよ。
3万年が何万年なヒトですよ(爆)
萌えどころは山盛りあるんだけど~やっかし雑魚寝と聞いて戸惑う顔やったり、寝起き…んで鉄板の歯磨き姿はなまめかしく(爆)
世のまるらーさんはピンク色状態になったでしょうね。

そして最後に南の島の青空の下に響き渡るハニーボイスにメロメロ(*′艸')
すっかり現地の人に馴染んでいて人の輪の中心にいることが自然だよね(´▽`)



わからないこと、知らないことを普通に聞くって簡単なようで何気に難しいよね。
それが素直に出来るからこそのキャスティングだと勝手に自負してます(爆)


トヨタ様、日テレ
来年のECO特番もよろしくお願いします。




続きのエイトとは関係ないことをつらつらと。




拍手、ありがとうございます。 皆さんからのまおへの幸せ連鎖に感謝です(*^▽^*) 温かい拍手コメ、楽しいコメント大歓迎です。 気軽に皆さんの声をまおに届けてください(*´∇`)ノ 常識のない拍手コメ、コメントについてはお返事出来ませんのでご了承下さい。 拍手コメ、コメントでお名前を内緒にしたい方はお伝え下さい。


ECO特番告知な山田を見るためにスッキリを見てました。
そこで捨てられたワンコちゃまの命を救おうとする施設の特集をしてました。

まおはワンコちゃまと生活してます。
なので、この手の番組は見ると切なくなって泣いてしまうので極力見ないように避けて来たんですが…

そこには身勝手な人間のせいで小さな命が失われてしまうという現実がありました。

ワンコちゃまがいる生活を選んだヒトは【家族】として最後の時を迎えるまで責任をもって過ごすことは絶対だと思います。
人としての家族のことは捨てたりしないでしょう。

小さな命を自分の元に迎えるということはそれなりの覚悟が必要。
「可愛い」だけじゃアカンのです。

言の葉を紡ぐことの出来ない子達だから、人間よりも気を配って日々の変化にも気付いてあげないとアカンのです。
病気になったら医療費はそれなりにかかるんです。
ご飯も散歩も自分じゃ出来ないから私達がキチンと与えてあげないと。

旅行だってワンコちゃまがいると気軽にはいけなくなります。
ワンコちゃまありきの色んな場面を想定して家族として迎えないとアカンのです。

一度は家族として迎えたのになんで捨てることが出来るのか、、、、
ワンコちゃま達は私達を選ぶことは出来ないのです。
私達が家族として共に歩むことを決めて選ぶんです。

人間じゃないからって扱いを粗末にしてはいけない。
命は命です。
捨てるってことはその時点で命を奪うことに繋がるんです。
ある意味、人殺しと一緒です。

まおの家には2匹のワンコちゃまがいます。
1匹目のビーグルは会社の方が飼えなくなったという理由で我が家に迎えました。
すでに成犬だった彼女(遊)にとって飼い主が変わってしまうということは凄いストレスだったと思います。
我が家に来てしばらくの間はつらそうでした。
でもその寂しさを忘れることが出来るように我が家では沢山の愛情を持って彼女と共に生きました。
病気にもたくさんかかりました。
腫瘍、ヘルニアで大きな手術を4回受けました。
人間と同じで手術によって体質にも変化があり皮膚アレルギーになったり…
病気とお付き合いしながらですが17年長生きしてくれました。
そして最後の日は家族全員が集まったのを待つかのように一声鳴いて逝ってしまいました。
彼女(遊)がいてくれたから命の尊さや優しさを学ぶことが出来ました。

そして今、我が家には2匹のワンコちゃまがいてくれます。
逝ってしまったあの子に張り合いを持たせるために我が家に来てくれました。
小さな小さな命です。
ペットロスに陥り掛けた我が家でしたが彼女(ちょび)とその息子くん(カイザー)が居てくれたおかげで立ち直ることが出来ました。

まおが生きる屍状態だった時も片時も離れず寄り添ってくれてました。
彼女(ちょび)のぬくもりがカラダのどこかで必ず感じられる。
すごく安心しました。
彼女の体温、心音、いびき…全てが生きることを伝えてくれました。


ワンコちゃまを守らないといけない立場にいるんだけど、私達が守られてたりするんです。

たくさんの愛情を与えればそれ以上の忠誠心と愛情を返してくれるのです。
私達人間は驕ってはいけない。
命を自由に操作する権利なんてどこにもないのだから。






丸山隆平 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/07/21 02:44
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
あいこさんへ♪
ホンマにワンコちゃまを飼ってる人はあの手の番組は見れないですよね。
理解が出来ないです。
ましては天寿を全うしたワンコちゃまとの想い出があると余計つらいです。
命の重さっていうのは同じなのになぜ、、、と思ってしまいます。
何か出来ることがあればいいのですが難しいですよね。
こうやって話題として取り上げるくらいしか出来ないことが歯がゆかったりします。

エコ特番はホンマに3人のいい所が活かされた素敵な番組でした。
来年にも繋がればいいなぁって心底思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。